SUSU SIGN UP

7月下旬〜「SUSUメルマガ」配信スタート!
配信希望の方はメールアドレスのご登録をお願いします。

新商品の開発様子や作り手の女性たちが日々働いている姿、
工房で日々おきている嬉しいできごとや葛藤などなど…
現場のリアルな様子をメールマガジン限定でお届け予定です!

今後メルマガ登録画面を表示しない

クラッチバッグ POL

パスポート、航空券、日記にペン。手帳、スマートフォン、バッテリー。
小旅行に必要なものがピッタリ入ります。バッグ・イン・バッグとしても使えます。
全3色。(色名は写真右上に記載してあります)

※この商品にはいぐさチャーム(色はランダム)が1つ付属します。

主素材:コットンキャンバス、いぐさ
サイズ:W28.5cm x H19cm x D1cm

お手入れ方法
革部分:革用クリーナー、クリームをご使用いただけます。
いぐさ部分:長期保管の際は、カビ防止のためにシリカゲルなどの除湿剤を封入、
または通気性の良い場所で保管してください。
万が一いぐさにカビが生えてしまった時は、ドラッグストアなどで購入できる無水エタノールをスプレーし、
使い古しの歯ブラシなどでこすり落としてください。
週に1回程度、全体に防水スプレーを塗布することをおすすめいたします。

4,000円(税込4,320円)

定価 4,000円(税込4,320円)

1. ホワイト2. ネイビー3. ブラック4.カーキ
購入数
SUSUの工房と作り手の女性たち
エントランス

カンボジア・シェムリアップから35km離れたクチャ村にあるSUSUの工房、コミュニティファクトリー。
家庭や経済的に困難な背景を持つ農村出身の女性たち60名ほどが働いています。
ものづくりを通して、品質に妥協せず本当に良いものを作る姿勢、そのプロセスで得られる自信、
また人と協力する力などといった社会で生きていくうえで必要なライフスキルを身につけ、
しなやかに力強く自分の人生を歩めるようにサポートしています。


トレーニングの様子

働いている女性たちは、工房から10km圏内にある農村出身の女性たち。
小学校を中退している女性たちも多く、
カンボジア語の読み書きができないだけでなく、
はさみの使い方もわからない女性たちも珍しくありません。
ものづくりに関しては、はじめは全員が初心者です。
カンボジア人のトレーナーがひとつずつ、丁寧にものづくりを教えています。
特に品質に関しては、時には厳しく、何度も何度も繰り返し伝えます。


休み時間

おしゃべりしながら、お互いに教え合って、学び合って・・・
「工房」というよりは「学校」のような雰囲気。
それぞれが様々なストーリーを抱えながらも前向きに生きる彼女たちの明るさが、
SUSUを手に取るあなたの力になりますように。


→工房についてもっと知る
→SUSUの商品ができるまで

おすすめ商品